大阪ミナミの占いの館ジュピター

緑先生の今月の占い

まだまだ大阪では暑い日が続きますが、9月になりました。

毎月その月にちなんだテーマで無料占いをお届けしていますが、9月といえば・・・なんでしょう?お月見でしょうか。

手相では手に九つの丘があるといわれています。

親指の付け根にあるふくらみを金星丘といいますし、小指の下側にあるふくらみは月丘といいます。

この金星や月というのは、天体の惑星の金星や月のことです。

日本で手相といえばほぼ西洋手相がルーツです。西洋の占星術を元にして生まれたので天体の名前がついているのです。中国由来の東洋手相というのもあるのですが、日本では東洋手相より西洋手相のほうがなぜか一般的なのです。



今月の無料占いは、この「九つの丘」の金星丘と月丘について述べていきます。

「九つの丘」全部ですと長文になってしまうで、少しずつ分けてお届けしていきますね。

ちなみに手相の各線の意味は、この九つの丘の持つ意味をもとにしています。

丘の意味さえわかっていれば、特に「○○線」と名前がついていない線であってもその線の意味を読めるというわけです。



緑先生のプロフィールへ