緑先生の3月の占い

「手相の見方」

手相の研究には、手に刻まれた線や印に関する「掌線学」と手の形や指に関する「手型学」があります。昨年はずっと手型学をお届けしてきました。 今年の「今月の占い」は手相の線「掌線学」についてお届けしようと思っているのですが、1月と2月は手相の線の全体の見方について述べてきました。 内容は、手相は両手を見ますが、左右の手相が大きく違う場合を除いて、主に右手を見るということ。 薄くて細かい線は、良い相であっても悪い相であっても、重要な意味を持たないのであまり気にしなくてもいいこと。 「覇王線」「桝かけ線」「太陽線」などの成功を意味する線があっても、三大線といわれる「生命線」「頭脳線」「感情線」が不良線だとたいした成功ではなく、そもそも成功すらしない場合もあるということ、でした。

今月も引き続き、手相の見方について述べていきます。


実際に手相はどう見ていくものか?

実際に手相はどう見ていくものでしょうか。


手相というのは目で見て判断をするものです。

本やネットでの情報でも、写真やイラスト付きで解説があって、それらを参考にしながら、この線はこういう意味を持つのだと一つずつ覚えていくことができます。

生年月日を使う占術は複雑な論理がありますし、霊感や直感が絶対に必要な占術もあります。それにくらべれば、手相術というのは、初学の方でも入りやすいといえます。

ところが、いくら多くの線を覚えても、結局どう見るのかが、むずかしいのではないでしょうか。

コツとしては、まずは細かい線を一つ一つ見ていくのではなく、全体をつかむということが大事です。

手の形を見て、縦長か横長か、大きい手なのか小さい手なのか、分厚い手なのか薄い手なのか、細かい線がたくさんあるのか太い線が三本くらいしかないのか、左右の手相がほぼ同じなのか、まったくちがうのか、ということを見ます。

次に三大線を見ていきます。

特に頭脳線は大切です。知能および人生上の判断にかかわる線ですから、その人の仕事や思考行動パターンが表れます。そして感情線でその人の心理的な面から人間関係の作り方やる気や気迫の強弱を見て、生命線でどれだけ心身の強さがあるか長期間の忍耐や努力の積み重ねができるのかを見ます


それからそのほかの線を見ます。

一番重要な線は運命線でしょうか。それから結婚線や旅行線や神秘十字線などもよく知られていますね。

ですが、これらの線が、手の形や三大線に勝る重大な意味を持つことはまれです。
まずは全体をつかむ、それから三大線を見る、そしてそのほかの線を見る。重要度もこの順番です。


たとえば起業して成功するかしないかという判断なら、まずはその人の手の形や三大線を見て、そもそも起業に向いているのかどうかを見るべきでしょう。

手の形は縦長で指も細くて長い。手の厚みはない。生命線と頭脳線の出発点が5ミリ以上くっついている。三大線および運命線が切れ切れまたは薄い。手全体に細かい線が多数出ている。

こういう手相は固定給の仕事に就くほうが心穏やかに暮らしていけると思います。

手の形は横長で指は短い。生命線と頭脳線の出発点がかろうじてくっついている。もしくは離れている。さわやかな力強さのある三大線を持っている。特に二重感情線がある。旅行線や向上線がある。

こういう手相は起業には向いていると思いますし、十分やっていけるでしょう。

良好な頭脳線と感情線が手の平を横切りまっすぐ伸びているなら、実益重視の起業が向いているでしょう。また自分の能力を客観的に判断できるので手堅いでしょう。

もしも頭脳線と感情線がカーブを描いて長く伸びているなら、社会性が高く理想家ですから、社会貢献重視の起業が向いているでしょう。現状にとどまることなく、常に発展を目指していくでしょう。

要は三大線がどれだけ力強いかで競争に打ち勝てるかが決まるといっていいと思います。

三大線が不良線でも、小指の下のふくらみ月丘から伸びている運命線がある。長い太陽線がある。運命線に合流する支線がある。

こういう手相は人に助けられることが多く、一時的に成功することはできるでしょう。

また人気重視の仕事には向いています。


最後まで今月の占いをお読みくださってありがとうございます。

来月も手相についてお届けしますね。

この占いを担当されている先生

緑先生