緑先生の9月の占い

「生命線の枝線について」

占いには大きく分けて三つの術があります。

生まれた年月日時を理論に照らし合わせるもの、手相や人相のように現れた形を見るもの、道具を使って何が出るかで吉凶を判断するもの、それぞれの術に優れた点があります。

鑑定にはご相談内容に合わせて、これらの術を使い分けます。
いくつか占術を組み合わせることで、より正確な鑑定ができます。

手相というのは、人や人生をおおまかにつかむのに向いています。

「普通の人で平凡な人生」という手相はとても多いのですが、実際にはどの人にも他のだれともちがう唯一の特別な個性があり、人生には実にいろいろなことが起こります。

人や人生といった複雑なものをあえておおまかにつかむことで、良い人生を送るためのわかりやすいアドバイスが得られます。

自分が知っておいたほうがいいことを教えてくれるのが手相です。

そして変わっていくものなので、その変化を追うことで自分の成長や状況の移り変わりを知ることができます。

毎月テーマを決めて手相について書いています。

今月は生命線の枝線についてです。

生命線の枝線

生命線(赤線)は、人差し指と親指のほぼ中間から出発して、親指の付け根を取り囲むように伸びる線です。

頭脳線、感情線、生命線は三大線と呼ばれ、手相を見るのに重要な線です。

生命線では生命力の強弱、心と体の健康状態、活力の強弱を見ます。切れ切れまたは薄くて弱々しい生命線は胃腸消化器系が弱いことが多いです。

単純に、生命線だけでなくどの線であっても、本線から枝分かれした線は、指の付け根に向かって上向きに伸びているのはポジティブな意味を持ちます。
手首に向かって下向きに伸びているのはネガティブな意味を持ちます。

生命線から上向きに伸びている枝線は、明確な目標を立てて前向きに行動し、努力を積み重ねていくことを表します。他の人や運の助けなどあてにせず、自分の力だけでやり遂げようとします。精力的で常にやるべきことやりたいことがあって日々忙しいです。

また、その線が1本だけで、頭脳線と感情線を越えて指の付け根まで伸びていると、目標を達成して成功をつかむといわれています。

しかし成功する手相とは、基本的に三大線が良線であることが大前提となります。
浅からず深からず適度の掘りを持ち、幅は狭く切れ目なく一筋に走っているものが良線です。

不良線

線が途中で切れていたり、他の線にさえぎられていたり、不吉なマークが出ていたり、また鎖を編んだようだったり、波打っていたり、切れ切れだったり、線そのものがいびつにゆがんでいたりするのはすべて不良線です。

三大線が不良線でもたまに成功することもありますが、長続きしない一時的な成功です。

▼ 枝線が頭脳線で止まっていると

枝線が頭脳線で止まっていると、判断ちがいや努力の方向性がまちがっていて、挫折する暗示です。頭脳線そのものが不良線ですとその暗示がさらに強まります。

感情線で止まっていると、人間関係や自分のモチベーションが落ちたことが原因となって挫折する暗示です。感情線そのものが不良線ですとその暗示がさらに強まります。

また枝線を切るような障害線が出ていても挫折の暗示です。

しかし手相は日々変化します。あきらめずにがんばっていると、線は頭脳線も感情線も障害線をも突き抜けて伸びていきます。

▼ 一センチにも満たない短い線が何本も伸びているのは

一センチにも満たない短い線が何本も伸びているのは、一生のうちにやりたいことがたくさんあることを意味します。

いろんな経験ができて楽しそうですが、達成という点から見ますと、取り掛かってはみるものの、努力や根気が続かないとか、他にやりたいことが出てきて目移りしてしまい、中途半端に終わってしまいがちです。
しかし懲りずに新たな目標を見つけてチャレンジできるのはいいことですね。

▼ 努力が報われる暗示

生命線から上向きに伸びている枝線が運命線とつながると努力が報われる暗示です。そしてこの運命線が力強く乱れもなく伸びていると成功するといわれています。もちろん三大線が良線であることが大前提です。

生命線から下向きに伸びている枝線

生命線から下向きに伸びている枝線は、体力や気力がないために、成功や発展とは縁遠くなる暗示です。終点が小さく二股にわかれている生命線にも同じ意味があります。

▼ 旅行線

ただ生命線の半分より下側から、本線と同じくらい濃くて勢いよく伸びている線は旅行線と呼ばれる別の線です。

生命線から下向きに伸びている枝線が運命線とつながると恵まれない環境で貧しく不運な生涯を送るといわれていますが、実際はそこまで悪くありません。

やるべきことを最低限して、あとは自分の好きなことをしていたい人によく見られます。
頭脳線が手首に向かって曲線を描いて伸びていますとその傾向はさらに強まります。やや無気力かもしれませんし、努力や忍耐などそもそもしたくないかもしれません。自分一人では経済的もしくは精神的に生活するのはむずかしいかもしれません。

でもそういう人の周囲には必ず助けてくれる人がいます。成功する人は尊敬されますが、人に助けられる人は愛されます。周囲の人に活躍の場を与えて、感謝して生きればいいのです。

▼ 生命線から下向きにたくさんの枝線が伸びているのは

生命線から下向きにたくさんの枝線が伸びているのは体力や気力がじわじわ衰えていくことを表します。

生命線の終点付近に出ている場合は、慢性化している内臓の不調をほうっておくと、いまは健康でも晩年には病気になるという警告です。


最後まで今月の占いをお読みくださってありがとうございます。

来月も手相についてお届けしますね。

この占いを担当されている先生

緑先生